モリンガ茶の効果効能

モリンガ

モリンガ茶に期待できる効果は以下の通りです。

  • 便秘解消
  • 美肌効果
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング効果
  • リラックス効果
  • 免疫力アップ
  • 高血圧・動脈硬化・がん予防
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症改善

 

モリンガには、食物繊維やポリフェノール、ビタミン、鉄分、アミノ酸などの豊富な栄養がバランスも良く含まれていることで知られています。

 

種や葉、茎、花・根の部分などのすべてを食することが可能で、葉と花の部分はお茶に利用されることが多いため、健康や美容のためにモリンガ茶を飲む人が増えてきています。

 

食物繊維がごぼうの5倍、レタスの28倍も含まれているので、便秘解消に効果があります。自然な排出を促せるので、お腹の張りを解消できますし、便秘による吹き出物を予防できるので、美肌効果もあります。モリンガ茶で腸内環境を整えられると、体に余計な老廃物が溜まらなくなるので、ダイエット効果も期待できます。

 

モリンガ茶にはビタミンEや、赤ワインの8倍ものポリフェノールが含まれているので、アンチエイジング効果もあります。

 

体内の活性酸素を除去できるので、肌細胞を活性化出来ます。コラーゲンの合成に欠かせない鉄分も含まれているので、たるみがちな肌にハリや弾力を与えられます。

 

モリンガ茶には天然アミノ酸のギャバも含まれているので、ストレスを軽減して、リラックスできますし、安眠に役立ちます。モリンガの葉には抗酸化作用があるので、免疫力を高めて、高血圧や動脈硬化、がんなどの予防もできるといわれています。抗アレルギー作用もあるため、アトピーや花粉症などの改善にも期待が持てるでしょう。

 

このようにモリンガ茶にはさまざまな効果効能があるので、美容や健康に良いものを摂取したいときは飲むことをおすすめします。

モリンガ茶の飲み方、理想的な摂取量について

モリンガ

 

モリンガ茶を飲みたいときは、粉末やティーパック、茶葉で販売されているものを購入するようにしてください。

 

一度に多量に摂取するのは意味がないので、粉末の場合は小さじ1杯程度を目安に毎日飲むようにしましょう。

 

サラダや卵焼き、ヨーグルトなどの食品に混ぜて摂取するのも良いので試してみてください。ミルクやジュースに入れて飲むなど、味に飽きたら色んな工夫で摂取できるのが、粉末タイプのメリットです。

 

ティーパックで飲む場合の理想的な摂取量は、1日1〜2包ずつなので、食事などと一緒に飲むようにしてください。

 

80度以下の温度で、3〜5分ほどかけて抽出すれば、ホットで美味しくいただけますし、暑い夏は冷やして飲むのもおすすめです。朝食やランチタイムに飲む習慣をつければ、毎日続けられるでしょう。

 

茶葉の場合は適量を急須に入れてから、お湯を注いで飲んでください。和食や和菓子に合うので、おやつや夕食の時間に家族全員で飲むことをおすすめします。温かいままでも美味しいですし、冷蔵庫で冷やして飲んでも良いので試してみてください。

 

アメリカではスムージーに混ぜて飲むのが一般的なので、それを真似するのも良いでしょう。グリーンスムージーと一緒に飲めば、野菜の栄養も得られるので、さらに美容と健康効果が高まります。

 

モリンガ茶を飲んで美容や健康に役立てたいときは、毎日続けることが大切です。年齢に関係なく、誰でも飲めるものなので、家族全員が飲む習慣をつけるようにしてください。